menu

ゲストハウス改修作業⑦「壁張り編」

6月後半から7月頭にかけて、今度は壁を張っていきます。ぶっこわした時の状態としては、↓のような感じです。胴縁と呼ばれる材が柱の間に、横に入っている状態です。

_Rs2015_0614_0011

DSC_0022

その胴縁をそのままに、その上から、野縁と呼ばれる材で格子上に、壁(ボード)を張るための下地を作っていきます。

DSC_0001

近くで見るとこんな感じです。胴縁を挟んで2部屋の壁を張るために下地が組まれています。

DSC_0002

外壁側も同様に下地を組んでいきます。

DSC_0018

こんな形で部屋全体に下地が組まれました。

DSC_0001

あとは、外に面した壁には断熱材を入れ、石膏ボードを切って、下地に貼っていくのですが、問題は↓です。三角形・・・そして、真ん中に梁が通っています。この形に合わせてボードを切っていかなければいけないわけですが。この最高難度のところを、私阿部が担当することになり・・・。

DSC_0004

ボードの形としては、こんな形になるわけです。屋根の勾配に合わせて斜めに切り、梁やらなんやらをよけるために、切りこみをいれます。屋根の勾配は、この家は3寸勾配といい、横に1尺行ったところで、3寸下にいくわけですが、下の写真のやつは急な気がします。おそらく失敗したやつではなかろうかと。

DSC_0001

そしてこんな感じではめ込んでいきます。

DSC_0003

最も面倒な丸く切らなければいけないところが最後に残ります・・・。

DSC_0005

まぁなんとかこんな感じでおさめることができました。よく見ると隙間だらけです。そこはパテで埋めるということを前提に、とにかくはめ込みました。

DSC_0006

まぁこんな感じで、パテで埋めればなんとかなります!!

_RDSC_0122

次回は、天井・壁の仕上げです

カフェ畑にて・・・ジャガイモ、トウモロコシ、トマト

11694986_850277298401421_8446234039815633166_n自分達でタニシを集めて食べよう!

関連記事

  1. _R2015_0614_里山食堂2F_0018

    ゲストハウス改修作業③「民家の天井・壁壊したらこうなってました編…

    6月13日に解体のビフォーアフターをご覧いただきたいと思います。まず今回改修を行う2Fの間取りです。…

  2. DSC_0013

    ゲストハウス改修作業⑨「天井・壁仕上げ編」

    壁が張りあがったら、仕上げに入ります。⑥でも少し触れましたが、まずはパテ作業です。張り合わせたボード…

  3. DSC_0004

    本日も山縣さんの料理でおもてなし

    木沢とのご縁の深い、お二人に里山ハウスにお泊りいただきました~インターン山縣さんの大満足の山料理…

  4. _RIMG_4116

    ゲストハウス改修作業②「ぶっこわし女子編」

    6月13日、いよいよ内装改修のため、現在の天井、壁の解体を行いました。解体作業は、ひじょーーに!手が…

  5. DSC_0037

    ゲストハウス改修作業⑩「部屋完成編」

    6月13日に天井・壁・床の解体を行ってから、ちょうど1ヶ月目にインターン生の居住空間である1部屋が、…

  6. DSC_0054

    ゲストハウス改修作業⑥「学生インテリアワークショップ編」

    今回は、ゲストハウス改修作業に協力してくれている長岡造形大学の学生さんたちの様子を紹介します。長岡造…

  7. DSC_0155

    古民家ゲストハウスのオーナーたつみさんが来ました!

    地域復興支援員の研修会の講師として、長野県小谷村から古民家ゲストハウス「梢之雪」オーナーのたつみさん…

  8. _R★IMG_7462

    里山ハウスにて、泉田知事と移住女子・インターン生の懇談会が行われ…

    中越大震災から11年目の10月23日に、長岡市川口の「里山ハウス」にて、泉田知事と移住女子インターン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP