menu

ゲストハウス改修作業⑧「電気工事編」

「天井」→「床」の作業が続き、「壁」に行く前に、電気の配線工事があります。壁を張ってしまったら配線が出来ませんので・・・。というわけで今回は「電気工事編」です。ここは、素人には出番はありません・・・。電気設備は、電気工事士(ここの場合「二種」免許ですね)という資格が必要です。電気屋さんにやっていただきました。

1階にある配電盤から、2階に配線を上げ、壁の中を配線し各部屋の電灯、コンセントにつないでいきます。

DSC_0007

↓こんな感じで、コンセントのボックスを配置していきます。1か所設置に5,000円くらいかかるので、無用に増やすわけにはいきません!でもどこにコンセント置くかって、、言われるとなかなか悩みますね。

DSC_0003

そして、各部屋の灯りは、ライティングレールを使います。下のように、梁にレールを設置して、スポットライトを取りつけます。これだけで、けっこう雰囲気変わりますね!ライトはもちろんLEDです。

DSC_0063

またここはゲストハウスですので!誘導灯を付けなくてはいけません。どこに誘導灯を設置するかは消防署の指導によります。消防署に行って、「どこに設置したらいいですか?」と聞きます。ネットで調べても、どこに設置したらいいかはわかりません。

DSC_0059

誘導灯はネットでも売っています。上の写真のように壁に設置するのは「片面型」、下の写真のように、両側から見えなければいけないところは「両面型」を設置します。

DSC_0061

誘導灯は、配電盤から他の配線とは違う専用の回線を引かなくてはいけません。というわけでブレーカーも増設しました。

DSC_0057

そんなわけで、電気配線も色々とやることが多いですね。壁張り前にやらなければいけないので、大工さんの作業のスケジュールを確認しながら、また電気屋さんのスケジュールを調整し、作業段取りを組まなければいけません。意外とこの段取り調整が大変でした。

11698702_855176951232265_1625500585550409675_nドクダミ茶作ります。

DSC_0029タニシを食べる会開催!

関連記事

  1. DSC_0054

    ゲストハウス改修作業⑥「学生インテリアワークショップ編」

    今回は、ゲストハウス改修作業に協力してくれている長岡造形大学の学生さんたちの様子を紹介します。長岡造…

  2. _RIMG_4116

    ゲストハウス改修作業②「ぶっこわし女子編」

    6月13日、いよいよ内装改修のため、現在の天井、壁の解体を行いました。解体作業は、ひじょーーに!手が…

  3. _R2015_0614_里山食堂2F_0018

    ゲストハウス改修作業③「民家の天井・壁壊したらこうなってました編…

    6月13日に解体のビフォーアフターをご覧いただきたいと思います。まず今回改修を行う2Fの間取りです。…

  4. DSC_0029

    タニシを食べる会開催!

    昨日の記事で、下処理の終わった(?)タニシを食べる会開催しました!まずは、串打ち作業です。…

  5. DSC_0037

    ゲストハウス改修作業⑩「部屋完成編」

    6月13日に天井・壁・床の解体を行ってから、ちょうど1ヶ月目にインターン生の居住空間である1部屋が、…

  6. DSC_0004

    本日も山縣さんの料理でおもてなし

    木沢とのご縁の深い、お二人に里山ハウスにお泊りいただきました~インターン山縣さんの大満足の山料理…

  7. DSC_0009

    自然薯を食べる会を開催しました

    採ってきた自然薯の毛をバーナーで焼きます。すりおろしまーすかなりねば…

  8. R_P1000177

    こどもたちと雪遊び

    第2回やきいも会です。今回はやきいもしませんでしたが・・・。子ども達と雪遊びです。幸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP