menu

越後生ハム塾 たくさんのご参加ありがとうございました

新潟県産のブランド豚肉のポテンシャルの高さに驚き!!

予定を上回る40名という多くの方々が参加してくださった「越後生ハム塾」。県内はもちろん東京、横浜など遠方からも来ていただき、みなさんご自分の手で「血抜き」「塩漬け」の作業をしていただきました。

DSC_0017 

今回仕込んだ生ハムの原料は新潟県産のブランド豚です。
月刊養豚界のご協力もあり、通常より大きい12kgの原木を使用することができました。

_R★DSC08956

 まずは神谷英生シェフによるデモンストレーション。
みなさん、真剣です。

_R★DSC08982
 
神谷シェフの指導を受けながら血抜きの作業の開始です。
ここでしっかりと血管に残っている血を出します。

そして塩漬け作業。

_R★DSC08979​​

 まんべんなく原木に塩をもみ込んでいきます。
約1時間ほど肉と格闘しました。

その後神谷シェフによる「生ハムカッティングセミナー」も行われました。

_R★DSC09003
​​
ほとんどの方が生ハムのカッティングは初体験。

薄く、均一にスライスするのだけでも難しく
カット面が水平になるように、床に平行にスライスすると思っていても、外側が高くなりカット面が船底のようになってしまいます。
その修正の仕方もアドバイスしてくれました。

さて皆さまからお預かりした原木ですが

_R★IMG_5721

現在、 ミートラップに包んで冷蔵庫で保管しています。
1週間たってもほとんどドリップが出ていません。
新潟県産のブランド豚の肉質の良いことに驚いています。

10日目を過ぎたあたりから肉から水分がではじめて、
原木に水分が触れないようこまめにチェックを行っています。

参加者からお預かりしている大切な原木です。
今後、塩抜き、乾燥、熟成と完成までしっかりと管理していきたいと思っています。

DSC_0004本日も山縣さんの料理でおもてなし

DSC_0010おや?ついに雪が

関連記事

  1. 10353375_845508912211593_7307114499899340027_o

    ホテルニューオータニ長岡で プレゼンテーション

    雪国ジビエを考える先日ホテルニューオータニ長岡で催されたシンクタンク・ザ・リバーバンクの「消…

  2. R_IMG_9230

    神谷シェフのお店に行ってきた

    この日は、東京で「にいがたライフスタイルカフェ」というイベントがあり、yamakawa_sun関係者…

  3. 10429327_784847774944374_8300096335167622243_n

    新潟日報朝刊に「ジビエ食べたいな研修会」の記事を載せていただきま…

  4. 0313-3

    すべては春日君の「ジビエ食べたいな」から始まった!

    2月22日、長岡市川口で「ジビエ食べたいな研修会」が開催されました!中越で「ジビエ」なんて、…

  5. 11113705_799877856774699_5966561117631294830_n

    肉の試食と熟成方法について学びました!!

    ジビエ食べたいな研修の2回目を行いました。今回は熟成肉の可能性を考えるため、肉の試食と熟成方法につい…

  6. DSC_0026

    イノシシの脚

    あばら骨ではなく、足の骨だとだいぶ食べごたえありますね!…

  7. DSC_0046

    イノシシ解体した後は…その2 皮なめし

    だいぶボロボロの毛皮ですが、試しに皮なめしをやってみます。こうご期待!…

  8. 12742478_958826224213194_4816313899475528457_n

    山縣さんの狩猟の成果をおすそ分け食事会

    里山ハウスで、木沢の皆さん向けのお食事会をやりました。山縣さんの狩猟の成果をおすそ分けです。メニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP