menu

銀杏の木もらって、キノコの菌打ってみます

「銀杏の木切ったからいるか?」と言われ、ありがたくいただきました。焚き物として使おうと思っていましたが、「なめこ、ひらたけだったら出るんじゃねーか?」と言う事で、一部、キノコ用にします。

よくキノコの菌を打った原木が、交互に立てかけてあるのを良く見ますが、あれはシイタケのやり方なんだそうです。なめこは、土に接して置いておくそうです。キノコでも色々やり方あるんですねぇ、

またキノコの菌を打つ木は、水が上がったらもうダメだそうです。だから秋の葉が落ちた頃に切るか、まだ雪があるうちに水が木に上がらないうちに伐らなきゃいけないだとか。

DSC_0013ブナの木からコロムシ

DSC_0018雪下から出てきた大根

関連記事

  1. DSC_0018

    木沢の棚田定点観測 4/9雪解け後

  2. DSC_0142

    山から雪が消え始めてきました

  3. DSC_0010

    おや?ついに雪が

  4. DSC_0026

    ふきのとうのおすそ分けいただきました!

    家に帰ったら、ビニール袋がぶら下がってました。中身は、「ふきのとう」と「メープルシロップ」。山菜のお…

  5. DSC_0001

    糸島こよみ!これが作りたいんです

    里山ハウスで暦の講座を開催してくださった富田さんから糸島こよみを送っていただきました!山の暮…

  6. DSC_0001

    はざがけがボチボチと

  7. DSC_0029

    この週末寒波が来ます!川口も冬らしくなってきました

    今季、阿部家で初導入した除雪機もようやく本格始動です!…

  8. 12105703_903091093107517_3070472435782350839_n

    稲刈り後の棚田の風景

    (インターン生 山縣 Facebookより)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP